明けましておめでとうございます。2014年

2014年、日本経済大予測!vol1~各経済誌の注目業界と予想のまとめ~

 平成26年になりました。

 今年はどんな年になるのでしょう?

 ちなみに午年ですね。

 
(ライターFT)

明けましておめでとうございます。2014年


 さてまずはニュースにもあるように経済はどうなるのか?

 自動車業界、電機業界大手が緩やかな伸びという予想、いいですね。

 ネット業界もクラウドファウンディングや英会話や料理教室そしてECはやはり強いそうです。大手はヤフー、楽天、アマゾンなどですが参入のしやすさと手頃な価格が期待されていますね。

 ラインなどもWebストアを昨年9月にスタートさせていますね。

 盛者必衰という言葉がありますが楽天、アマゾンはどこまで上位の地位を守れるかですね。

 一方、電力エネルギー問題に関してはあまり明るいニュースはなさそうですね。

 私の個人的な見解ですが、2014年は経済全体、緩やかな伸びになるのではないでしょうか?

 UFJリサーチ&コンサルティングサイトを見ると、2014年は消費税増税後も景気持ち直しは維持されると予測されています。2013年はようやくリーマンショック前の水準に近づいたと言われていますが問題なのが消費税増税ですね。

 家計は負担増が予想されますが全体的な年収があがればそれも気にはなりませんが、給料は中々あがってきてませんでしたね。



 しかし一方ではマイナス意見もあります。



 マイナス要素あるにはあります。

 三橋氏が言うように消費税増税が引き金となりまた不況に陥ることにならないように給与が上がるように願うだけですね。

 アベノミクスだの何だのは関係ありません、私たちにとって重要なのは真面目に働く庶民が認められ、報酬もちゃんと上がる社会になることを祈るだけです。

 お正月からかたい話題でしたが皆様にとって素敵な1年になりますように。 

 
タイトルとURLをコピーしました