2013年に物議を醸した映画!

実録モノからまさかの実写化まで!2013年、物議を醸した映画といえば?

 明日は大晦日。年々1年がすぎるのが早く感じてきているのは私だけでしょうか?

 さて、今年も映画沢山観ちゃいました。

 月の平均が15本から20本なので大体年間200本くらいですね。

 大体、寝る前に毎日見てますね、ブルーレイとDVD。

 
(ライターFT)

2013年に物議を醸した映画!


 残念ながらうちは子供がまだ小さいので新作公開映画は中々難しいので今年の公開作品は中々観てはいません。しかしどうしても劇場で観なければと思い一人で観に行ったのが

 「死霊のはらわた」

 なんですね。



 オリジナルは以下です。



 まぁ、怖すぎます(笑

 死霊のはらわたはもはや伝説のスプラッタームービーと言えます。

 低予算で製作された映画で今では巨匠、サムライミ監督のデビュー作品になります。

 内容は単純、とにかく血みどろで救いのない内容なんですけど初めて見た時は中学生くらいの時、大きな衝撃を受けました。

 カルトという言葉を初めてこの頃に聞き、それからカルトムービーを好んで観まくったのを今でも覚えています。

 基本的にホラーが好きなのは間違いないのですけど、実は最近、あまりホラー映画を見る事は少なくなりました。

 昨年からはまったのは海外ドラマのゾンビ物「ウォーキングデット」くらいでしょうか?あのドラマは観ている人を絶望の底に落とす面白さがあります。本当にがっかり、忘れた頃にさせてくれる秀作です。がっかりといっても面白くないがっかりではなく生きているか死んでいるか分からないキャストがやっぱり死んでいるんですけど、そのキャストが少女だったり物語の中での重要人物だったりするのでがっかりするのです(笑

 これは物議を醸したい(笑) と思います。

 さて、アニメですが今年観た劇場公開作品の中でも「風立ちぬ」は秀作でした。



 関東大震災をこの時期に劇中で描くのは宮崎らしいというか強烈なメーセージ性を含んだ内容ですね。

 皆さんの中での話題作、問題作はなんでしょうか?

 是非、教えて下さい。 
タイトルとURLをコピーしました