ミディアムという霊能者

全米のカリスマ霊能者、アリソン・デュボア独占インタビュー!

 トゥルーロマンスというタランティーノ脚本の映画のヒロインでパトリシアアークエッドというとても素敵な女優さんがいます。

 個人的に大ファンで何気なくレンタル店で海外ドラマを物色している時に彼女、主演の海外ドラマがありレンタルしてみました。

 
(ライターFT)

ミディアムという霊能者




 トゥルーロマンスでのパトリシアの痛々しいけどとっても素敵なシーン



 現在は少しぽっちゃりさんになりましたね。

 このキュートなパトリシアが2005年よりアメリカのドラマでミディアムというドラマで長きにわたり主演を勤めている。私は現在シーズン2をようやく見終えた所です。

 さてこのミディアム(霊能者)アリソンデュボアというドラマ、実在の人物をモデルにして描かれているそうです。そして中々面白いんです。

 実在の人物?実際にミディアム(霊能者)が事件に大きく貢献しているらしいんです。

 それが下の動画の人物本人なんです。



 彼女は検事局に勤め捜査をすっとばし犯人をいきなり見つけて犯行の状況を説明したり被害者が埋められたりしている場所を発見して事件に貢献しているそうです。

 シネマトゥディが行ったアリソンのインタビュー

-実際に仕事をしている中で、大変だったことはありましたか?
「犯行現場を見るのは、とても辛かったわ。特に子どもの事件は……。私も母親だから、2度と忘れられないほどのショックだった」
-3人の娘を持つ母親でもあるあなたですが、ご家族はあなたの能力を、どう受け止めているんでしょうか?
「私の子どもたちは、小さいころから私と同じ能力を持っていたの。例えば、家の中で1人にさせておくと、誰かと話して大笑いしていたり(笑)。何だか、遊んでくれる“見えない友達”がずいぶんいたわ。でも、うちの家族はそれを気持ち悪がることもなくて、そういう能力を持っていない私の夫ジョーまで“無料のベビーシッターがいるなんて、最高だね!”なんて言うのよ(笑)! ジョーは、ドラマの中のジョーそのもので、本当にユーモラスで優しい人。浮気をしてもすぐにばれちゃうから、絶対に浮気できないの(笑)」
彼女を見守る優しい夫と、彼女と同じような霊能力を持った娘たちに囲まれて、幸せな生活を送っているというアリソン。犯罪現場で、たくさんの残酷な出来事を目にしてきた彼女だが、辛いことばかりではなく、死者たちから学ぶことも多かったという。そんな彼女に、今、スピリチュアルブームまっただ中の日本のファンへ向けてのメッセージをもらった。
「後悔をしないで欲しいということ。多くの犯行現場で、犠牲になった死者たちから“残してきた家族に、後悔して欲しくない”というメッセージを受け取るの。“あのとき、ああしていれば”“あのとき、こう言っていれば”。でも、時は過ぎてしまっているでしょう? だから、ネガティブな気持ちは持たないで! いやなことがあっても、後悔することはせずに、そこで気持ちを切り替えることが一番大切よ!」
全米のカリスマ霊能者、アリソン・デュボア独占インタビュー!より抜粋

 
 真偽はともかくこのドラマ、とても面白い仕上がりです。
タイトルとURLをコピーしました