高脂血症を改善したい。

 夏ですね。

 暑い。

 そしてじめっとしてますね。



(ライターFT)

高脂血症を改善したい。


 ある調べによると夏を感じる食べものの人気は「スイカ」なんです。

 以下、「冷やし中華」が70.2%、「そうめん・ひやむぎ」が68.1%、「かき氷など冷たいデザート」が57.0%、「枝豆」が55.4%となっている。

 そして猛暑にはうなぎが良く食べられています。

 美味しいですねうなぎ。夏の暑さで疲れた体を癒すことでもうなぎはお勧めですね。血液をさらさらにし、血圧や血中脂質濃度の低下作用が知られ、動脈硬化症による症状や高脂血症の改善にもつながる食材です。

 しかしうなぎなんて毎日食べられません、高価な食材ですもんね。

 夏はあまり体を冷やし過ぎない方がいいようです。

 冷えすぎたら温める、基本ですね。

 さて、高脂血症ですが以外にこの症状の人は多いんですね。成人病対策には欠かせない項目になります。

 高脂血症の状態が続くと、動脈の内壁にコレステロールが沈着してきます。
このため動脈の弾力性が減少して硬くなったり、動脈の内腔が狭くなり血液が通りにくくなるという障害がでてきます。

 改善するには食生活に気をつける以外ありません。







 動画を見るといいことありませんね。

 薬でも簡単に予防、高脂血症を解消することが出来ます。

 しかし本当は食生活の改善で解消するのがベストですね。

 高脂血症の症状としては疲れになります。慢性的な疲労感が言われています。

 基本的には自覚症状はないと言われていますが肝臓の機能が低下することにより疲れやだるさが残るといわれています。

 とにかく油物を控えましょう。

 高脂血症皆さん、食生活を改善し高脂血症を一緒に改善しましょう。

 
タイトルとURLをコピーしました