ヲシテという日本古来の文字について

 あまり聞き慣れないヲシテという言葉。

 実はこの言葉は縄文時代にあった日本古来の文字とされています。



(ライターFT)

ヲシテという日本古来の文字について


 縄文時代とはいつなのだろう?もういちど復習してみよう。

 今から約1万6,500年前(紀元前145世紀)から約3,000年前(紀元前10世紀)、地質年代では更新世末期から完新世にかけて日本列島で発展した時代とされる。

 ウィキぺディアの記載にはこのように記されている。

 

 ヲシテ文字はこんな文字です。




 この動画は6までありますが分かり難いのでここまで。



 こちらの動画の方が分かりやすいかも知れません。

 ヲシテと言う文字については現在研究されています。

 このヲシテ文字が研究されてまだ40年程だそうです。

 ヲシテ文字の研究が進むと色々なことが分かってくると思います。

 そしてヲシテ文字というのは日本人のルーツを探る意味としても重要な役割を果たすことでしょう。

 今後のさらなる研究を期待したいです。



 ※2013年7月13日現在、コメント欄にヲシテ研究者よりのコメントが記載されておりデイリーSKIN掲載上不適切な表記、ヲシテ文字をいたずらに批判したのではないかと言うご指摘を受けました。

 このご指摘を深く反省すると共に全てのヲシテ研究者に対して謝罪を申し上げます。今後はヲシテ文字に関しては否定的な表記は一切しないことに致します。なぜなら私自身もヲシテ文化を信じたいという想いからです。

 2013年6月25日に掲載した文面とは異なる修正を2013年7月14日にしております。
  (デイリーSKIN担当:田中 Mail:dhftskin@gmail.com)
タイトルとURLをコピーしました