海外アーティストの英訳を楽しむ(クラプトンのティアーズ・イン・ヘブンTears In Heaven)

 いくら大金持ちのセレブになっても

 こんな不幸に出会うことってあるんですね。

(ライターFT)

海外アーティストの英訳を楽しむ(クラプトンのティアーズ・イン・ヘブンTears In Heaven)


 


 お金では買えない大切な人を亡くす。

 人間にとって金持ちでも貧乏でもそれは変わりないこと。


 この曲はエリック・クラプトンが息子の死を悼んで作られた歌であることはファンの方々には有名な話。

 コナーというクラプトン最愛の息子、彼が4歳の時家政婦が掃除を終え、窓を閉め忘れていました。ほんのちょ
っとの時間・・・

 彼は階段を駆け上がっていた、たまたま開いていた踊り場の窓から転落してしまった。自宅は、アパートの53階
だった。

 この曲は2004年以降は一度もプレイされていない。

 こうした背景を踏まえてもう一度歌詞を噛締めながら聴いてみて下さい。

 

 涙がとまりませんっ!!!
タイトルとURLをコピーしました