中国共産党崩壊の始まりを考える。

 中国共産党を崩壊させるにはどうしたらよいか。

 民主化をすべきなのか?
 
(ライターFT)

中国共産党崩壊の始まりを考える。


 チベットなどの他民族弾圧だけでなく、中国国民も悲惨な状況が多い。

 同じ漢民族同士でも悲惨な人、そうでない人の格差はひどい。

 その為にも中共体制は早く崩壊したほうがいい。

 ほうっておいても沈没するという説もあります。



 腐敗した官僚、歴史的に一党独裁が長い期間続くことはありませんでした。必ず崩壊してきました。



 北京オリンピックが2008年、10年後の2018年頃に崩壊する予想。

 中共の崩壊と表記した方が正しい。

 オリンピック開催で中国国民が世界との違いを感じ、行動に移せるかがポイントですね。

 天安門事件のような悲劇が起こる可能性が大きい。

 今のうちに中国で営業している日本企業は撤退するべきだ。 

 すでに中国の人件費も上がり、工場としての中国には魅力がない。

 まずは今まで日本がしてきたように技術協力を早いうちに優秀で柔軟な頭を持っている中国人にしておき
撤退を始めるべきだ。13億人という巨大なマーケットは魅力だが工場が政治的な原因や社会不安などで閉鎖
に追い込まれるのであれば早いうちがいい。

 生産工場は先を読み南米やアフリカ、アジアならベトナムにシフトしておくべきだろう。





 現在、中国で頑張っているビジネスマンは大変ですが早い目に撤退あるのみです。

 自分の命を守るためと考えて下さい。



 滅び行く運命の中国、一日も早く清く正しい国に生まれ変わって欲しいですね。  

タイトルとURLをコピーしました