直感を信じる

直感(直観)を信じてみる。



 成功者は30秒以内に決断を下す
 
(ライターFT)

直感を信じる




 ニュース記事にもあるようにスティーヴ・ジョブスは決断に30秒かからなかった。

 被験者を集めて、4台の架空の車を評価してもらいました。

あるグループに車について4つのポイントだけを教えると、皆すぐに1つを選びました
。説明するポイントを12個に増やしても正解率に大差がありませんでした。しかも、
12の質問に考える時間を与えたグループと、すぐに答えを選ばせるグループに分ける
と、すぐに答えさせたグループの方が正解率が高かったのです。


 熟考することが悪いとは思いません。とても大切なことです。

 しかし考えすぎるだけで何も出来ないより直感で決めそれを行動に移し実行する
のが成功の早道だというのは何となく理解できます。

 「たいていは、30秒以内で乗るか乗らないかが決まる。その短時間にわくわくするかどうかが決め手になる」

 英国の巨大企業ヴァージングループの創設者、リチャード・ブランソンの言葉です。

 なるほど説得力がありますね。

 ポイントはわくわくするかどうか。

 わくわくするかどうかは自分が一番よく分かりますね。

 但し、欲が絡むとこの直感は信用できない。

 人生は決断の連続といえます。

 成功者もどちらが正しいなんて分かっていないというのが心理のようです。

 常日頃から信念を持ち行動しているならおのずと決断も早いというのです。

 それが直感!

 Intuition  直観(ちょっかん)とは、知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、推論など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式である。

 ウィキぺディアで直観を調べるとこのように記載されています。

 ここで問題なのが”直感と直観”の違いなんですね。

 直観はその人の知識の中で作られるもの、いうなれば常識の源のようなもの、直感
は感覚的に物事を瞬時に感じとること。

 ならば両方の直感(直観)を鍛えるべきではないだろうか?

 常日頃から成功することに意識し、調査や勉強を怠らず直観で分からない場合
直感に頼り成功を導く、きっと何かの役に立つはずです。

 




タイトルとURLをコピーしました