ヒット曲の歌詞に隠された意味を探る

 
 日本のヒット曲、歌詞に意味のあるもの、無いもの

 色々ですね。

 しかし歌詞の意味を探ると、意外な事実が隠れていたりするもんですね。
 
(ライターFT)

ヒット曲の歌詞に隠された意味を探る


 

 歌詞の意味なんてそのときの気持ちや状態でリスナーの気持ちの変化に合わせて
解釈すればいいと思います。もちろん、作者の意図がある曲はそれはそれです。

 悲しい時、辛い時、楽しい時、人間の感情は時と場合によって異なります。

 そんな時、歌が僕達の強い味方になってくれます。

 だからこそその時の感情で歌詞を解釈し決して深読みしないことを望みます。

 しかしです。

 その曲の裏に隠された作者の感情や思いを知ればまた違った意味で楽しめるのでは
ないでしょうか。

 先日、何気なく鬼塚ちひろの月光をYou tubeで見ておりました。

 別にファンではないんですけどこの曲の歌詞ってすごく海外のアーティストが作る
歌詞っぽいと感じていました。詩的で絶望的な感じを強く受けます。今の日本の状態
、いや世界の状態を嘆いているような気がしていました。まずは歌詞を見てみましょう。




 とても素敵なメロディと彼女の歌唱力、表現力ですね。

 そしてこの曲のイメージですが世界に対して否定的で虚無感に苛まれたような感を
受けます。もっと広げると政治的な絶望感や人間関係、親子の絆、最低の世の中で生
を受けた純真で無垢な子供達の暗い未来を嘆いているようなイメージを受けます。

 こんな世界だからこそ否定的に歌詞を綴り、リスナーに訴えているようにも取れます。

 しかしです。

 ここ数年の彼女の言動を振り返ってみましょう。

 まず彼女がこの曲でスターとなった頃、ある音楽番組でハムスター発言がありました。

 猫とハムスターとメダカを飼っていて
ハムスターは,去年の夏に熱射病で1匹が死んでしまい、冬に1匹凍死させてしまっ
た。メダカは水槽掃除をする度に,減っている。こんなトークをしていたんですけど
笑いながらトークをしていたらしいんです。

 それがネット上で批判を浴び話題になりました。

 そのとき彼女の事務所から「緊張のあまり」というコメントが出され事態は収束
されました。

 そして昨年、ツイッターを始めた彼女より



 こんなつぶやきが発信されまたまた批判の的となりました。

 そして2011年のニコ生番組の彼女がこれです。

 

 いったいどうしてしまったんでしょう。

 あまりにもおかしい。

 あんなに素敵な歌を歌っていた彼女が・・・



 2010年には交際相手に海老蔵級のケガを負わされていたなどという報道もあった。

 ここからは完全に私、個人的な推測ですがじつは彼女、すでにデビュー当時から
精神疾患を患っていたのではないでしょうか?

 彼女の内面の叫びと訴えが『月光』の歌詞に現れてませんか?

 『効かない薬ばかり転がってるけど
  ここに声も無いのに
  一体何を信じれば?』

 彼女の歌詞の中にある一説ですが

 効かない薬

 とあります。

 特に向精神薬の中で統合失調症で処方される薬で症状は改善されても完治すること
は無いとされています。統合失調症を完治出来る薬が開発されるとノーベル賞が取れ
ると言われています。
 
 彼女は重度の統合失調症ではないのか?

 そして『月光』の歌詞は彼女の心の叫び、助けを求めているのではないか?

 一人、暗闇の中で助けを求めている彼女ではないのか?

 あくまでも私個人的な推測に過ぎません。

 そして『月光』は名曲であることは間違いありません。
 
タイトルとURLをコピーしました