正月はゾンビ映画で!


 お正月の映画チェックは皆さんしていますか?

 

(ライターFT)

正月はゾンビ映画で!


 2013年はゾンビ映画やドラマが熱いらしい。

 ゾンビってあのゾンビです。

 生きる屍のゾンビです。

 2013年公開のゾンビ最新作はコメディとしてのゾンビ物

 老人ホームを舞台にして老人達がゾンビを殺しまくるホラーコメディだ。

 ロンドンゾンビ紀行



 
  解説ロンドンゾンビ紀行より引用
 イギリスで大ヒットした「ショーン・オブ・ザ・デッド」にオマージュをささげな
がら作られた、ロンドンの下町が舞台のゾンビコメディ。不況のため祖父が入居する
老人ホームが閉鎖されることになったテリーとアンディは、事態を打開するため銀行
強盗を企てる。しかし、強盗を決行し、なんとか金を手に入れたその時、なぜか町中
にゾンビがあふれだす。老人ホームにもゾンビの群れが迫り、兄弟は祖父を助けるた
めゾンビ退治に繰り出すが……。

 ショーン・オブ・ザ・デッドとは2004年に公開された日本未公開のイギリスで大
ヒットしたゾンビ物のパロディ映画になります。


 あらすじ
 ロンドンの家電量販店に勤める冴えないショーンは、その無気力で煮え切らない態
度ゆえにガールフレンドのリズから振られてしまう。意気消沈したショーンだが、翌
日起きてみると街中にゾンビがあふれていることに気づき、母親とリズを助け出すた
め居候のエドと共に奮闘する。

 

 
 エドガー・ライトとサイモン・ペグという脚本家になるのだが実はこの二人
熱狂的なジョージAロメロ監督のファン、ジョージAロメロといえばゾンビ映画の
生みの親とも言える巨匠。

 作家がロメロの熱狂的な信者だとしたら絶対に面白くない訳はない。

 しかもコメディ。イギリス人が作るコメディはアメリカのコメディと違いどこか
笑いがシニカルで細かい。まずロンドンゾンビ紀行を見る前にョーン・オブ・ザ・デ
ッドをチェックしていくともっと楽しめると思います。

 アメリカでもゾンビ物のTVドラマシリーズが24などの人気ドラマを抜いたとか
でストーリーもゾンビとの恋愛、別れ、悲しみ、コメディなど多種多彩なドラマが
多いようだ。

 アメリカで人気のドラマ「ウォーキング・デッド」が行ったプロモーション



 ウォーキング・デッドはアメリカですでに2010年からケーブルTVで放送されてお
り、すでにシーズン3まで製作されている。

 日本でも放送されているが人気はこれからヒートアップするだろう。



 お正月はゾンビ映画だけではないけれど、話題になるのは間違いないだろう。



タイトルとURLをコピーしました