大麻と言う植物の本当の話

  
 きっとこの話をすると反対論者から予想以上の反応が

 あるかも知れない。





(ライターFT)

大麻と言う植物の本当の話


 益戸育江(高樹沙耶)、“大麻礼賛”のカレと石垣島暮らし

 昨年11月、人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)を突然降板した女優の益戸育江
(旧芸名・高樹沙耶)。水谷豊演じる主人公・杉下右京の元妻役という安定したポジ
ションを捨ててまで彼女が手に入れたかったのは、ある男性との同棲生活だったよう
だ。

「女性自身」によると、彼女は現在、沖縄県の石垣島にある古びた一軒家で50代くら
いの男性と一緒に暮らしているという。その男性とは、大麻草検証委員会の代表を務
める大麻草研究家で、大麻取締法改正を目指す活動家の“M”氏。育江は同居男性を“
パートナー”と呼び、地元住民からは夫婦として認識されているそうだ。

 ニュースより引用。

 ちゃんとした女優さんでエコロジーな生活、生き方をしていた人という認識があった。

 大麻って法律で禁止された薬物ではないのか?

 色々と調べてみると本当は事実は別の場所にあることが分かってきた。

 大麻草検証委員会

 上記リンクのサイトははっきりいって容認派がつくったサイトと考えられます。

 よく聞く話がアメリカの一部の州やオランダなどではマリファナ(大麻)が
罪に問われないという。

 本当なのか?

 実は本当の話だ。

 では何故、誰が大麻を禁止にしたのだろう。

 日本で大麻が法的に規制されることとなった大元は敗戦直後の「ポツダム省令」
です。これにより、大麻が麻薬と定義され栽培や所持が全面的に禁止されました。

 アメリカが『合成繊維&化学薬品産業』を発展、擁護したかった為に大麻を
禁止したんです。元々はアメリカの法律だったのだけどそうした理由で戦勝国として
日本にも同じ法律を適用させたのです。

 


 そして健康に被害がないということに関し検証していきたいと思います。

 
 
タイトルとURLをコピーしました