インターネットでの実名晒しとマスコミ報道

 
 23日に京都府亀岡市で児童ら10人がはねられ、2人が死亡した事故、心の痛む事故となりました。

 車を運転していた少年の罪は無免許だった為に5年程だという予想・・・

(ライターFT)

インターネットでの実名晒しとマスコミ報道




 確かに許せない事件だ。

 もし自分のことに置き換えればこんな事件は絶対に許せない。

 亀岡事故、行き過ぎた取材だったのか 病院「心が腐っている」vs新聞社「事実誤認、訂正を」

 一方ではマスコミによる取材のあり方も問題が起こっている。

 上のリンクによると「取材拒否も、霊安室前で勝手に撮影」だとかの信じられない取材のありかたが問われている。

 そしてネット上では少年達がおこした事故の罪の深さに司法のメスが入りきらない苛立ちからなのか
加害者達の実名、顔写真が特定され、ネット上で晒されている。

 京都府・亀岡事故 ネット上ではついに犯人の実名が特定

 良い悪いはさておき、こうしたネット上での実名を晒す行為は、見ていて悪意に満ちている。

 それだけ事件の罪深さを表す指標ともいえる。

 マスコミは事実を報道することが使命とは思うが、霊安室前で遺族を狙い撃ちするような取材のあり方にも
問題を感じる。倫理観の欠如と取られても仕方がない。

 被害者のご冥福を心よりお祈り致します。

 


 
タイトルとURLをコピーしました