死刑について考える


 野田内閣の新しい人事で法務大臣が死刑についてマスコミにコメントしました。

 小川新法相は死刑について前向きなコメントを発した。



(ライターFT)

死刑について考える


 小川敏夫法相は13日の就任記者会見で、死刑執行について
「法律で定められた法相の職責なので、大変つらい職務だが、その職責をしっかりと果たしていきたい」
と前向きな姿勢を示した。平岡秀夫前法相らは在任中に死刑を執行せず、昨年は19年ぶりの「未執行年」となっていた。

 小川法相は裁判官出身で検事の経験もある。
10年に省内に設置された死刑制度に関する勉強会に関して
「議論はだいぶ煮詰まってきている。すぐやめるわけではないが、ずるずる続けるわけでもないので、これまでの内容を精査
して報告できるならしたい」と、早い段階で結論を出したい意向を明らかにした。
ニュース記事より引用



 死刑についての一般の意見でブログなどを読むと圧倒的に死刑賛成意見が多いように感じます。

 賛否はあるにせよ、死刑について法が人を殺害するというのはどういうことなか、

 皆さんと考えていけたらと思います。
タイトルとURLをコピーしました