【冬の食】

関西方面から北陸地方に来る時に、鉛色の空に変わると言われることがあります。
鉛色の空の下、福井から私、サカヤンがお送りします。
鉛色通信、略して「鉛通(ナマツウ!)」

ぼちぼち肌寒くなって冬の訪れをヒシヒシと感じてくる
今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?


今回は福井の冬の味覚でお送りします。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
           水羊羹                                ■
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


冬といえば美食の時期じゃないでしょうか


そう!



こちら福井の冬の味覚と言えば!




カニ!!


個人的にはバクバク食べたい所だが懐が寂しいのでなかなか食す事がない

焼きカニが食べたい!

と個人的な意見はさておき




パ軒のソースカツ丼!



は年中食べれる。

冬の味覚ではない。




おろし蕎麦!!




これがまた大根おろしのかっら~~いのが旨い


好きな蕎麦屋さんには鬼おろし蕎麦というものがあり大根のぶつ切りまで
入っている
それと一緒に食べるソースカツ丼は最高だ。

いつかSKINのメンバーと蕎麦打ち道場で蕎麦をうって食べたいものだ


と個人的な意見はさておき





水羊羹!!


この水羊羹
一般的に売っている水羊羹は夏に食べる物だと思うが
この水羊羹は添加物を一切使っていないので
寒い冬にしか製造されない

他の県では京都、石川、山形県などが冬に食べるようです
京都、石川とは隣県なのでなんとなくわからなくもないが
離れた山形県もという事で驚きだ


今では水羊羹の呼び名の方が知名度があるが昔は丁稚羊羹と
呼ばれ、関西地方から入ってきたという説もあるらしい



食感も夏の水羊羹とは違いプルプル



もう!そんだけプルプルだから



普通の食べ方なんてしちゃ駄目駄目!!



プルプルにはプルプルなりの食べ方があるのさ!




「止まない雨なんて無いのさ・・・」


そう


源さんも言っている



源さん



見よこの光沢を!
羊羹に木ベラが映っているではないか!!



それでは今から、私「サカヤン」が正しい水羊羹の食べ方を実践します











いきますよ







←動画クリック!







うめっちゃおえ~~~~~~!!!!
タイトルとURLをコピーしました