1mmでも肺にクッと来るたばこ

 たばこの値上がりがキツイですね。

 民主党は一体何をやりたいんでしょうか?

 愛煙家を敵に回し、ただでさえお小遣いの少ない

 お父さん達を敵に回して、次の選挙に勝てるつもりでいるのでしょうか?

 次回の総選挙はスポーツ平和党に入れましょう(笑

 もうないですね。

(ライターFT)

 1mmでも肺にクッと来るたばこ


 愛煙家には厳しい現実。

 10月からのたばこの値上げ、大変痛いです。



 これだけの大幅値上げで、愛煙家が考えることは

 1:タバコをやめる

 2:本数を減らす

 3:安い銘柄に変更

 この3つではないでしょうか?

 私は2番目と3番目を選択しました。

 そうなんです。

 本数を減らしながら価格の安い銘柄に変更するという選択肢です。

 では一体、今回の値上がりで一体、安いタバコを一つ一つ調べてみました。

 以前はマルボロの1mmを愛煙しておりました。


 マールボロ・フィルタープラス・ワン タール 1mg ニコチン0.1mg

 ライターが付いて320円だったとです。

 しかしさすがに1mm、まるで吸った気がしない。

 でも何とかこのタバコに慣れておりました。

 しかしこのタバコも10月から440円になります。

 そこで考えたのが安いタバコ。



両切りでフィルターが無いタイプで200円! 



 両切りってカッコいいやないかぁ~~~~い!

 1906年発売で古くからの銘柄。

 歴史もありパッケージもリニューアルされていいやないかぁ~~い!

 ちなみに両切りのタバコを吸う際は、唇を内側に丸めるようにして
口の中にタバコの葉が入らないように吸うのが通の吸い方!

 なんかカッコいいやないかぁ~~~い!

 しかもウィキを調べてみると愛用者には作家も多く、文芸作品の中にはしばしば「バット」の名が登場する。芥川龍之介や太宰治、中原中也らが吸っていたことは有名だと記載されているやないかぁ~~い。

 これは価格もかっこよさもバットやね、バット。

 なんて思い、コンビニで早速購入。

 唇を内側に丸め、葉っぱが口の中に入らないようにして火をつけて吸ってみました。


 ううっ・・・


 まずくて吸えない・・・・・

 しかも18mやないかぁ~~い。

 こんなもん、す、吸えるかっ!

 まずすぎる。

 わかばはどないやろ?




 ちょっぴりロングやし、フィルターも付いてるし

 ゴールデンバットより50円高いけど、それでも250円。

 今まで吸ってたマールボロと比べても70円安い。

 これや!これしかない。

 何かパッケージデザインもレトロな感じでええやないかぁ~~~い!

 これしかない!!!

 早速火をつけ吸ってみました。



 ううっ・・・


 まずい・・・


 しかも気分悪くなってきた・・・


 こ、こんなもん、す、すえるかいっ!

 この調子だと新星もエコーも同じような感じやね。

 試すのを諦めました。

 1mmを吸っていたのでかなりきついタバコは身体がついていかないようになっているようです。

 ある時、友人が家に遊びに来ました。

 友人も愛煙家で、

 『タバコ今何を吸ってる?』

 と聞いてみると

 『色々と試したんやけどこれが1mmの中で一番、肺にぐっと来る出!』

 それがケントなんです。



 友人に早速1本もらい吸ってみると

 味もクセがなく吸いやすい。

 そして1mmなのにかなり肺にククッと来る。

 しかもロングサイズなので経済的。

 マールボロが440円に対し、ケントウルトラ1は410円。

 完全にドタバタでしたが友人のおかげでこの銘柄に決めることが出来ました。

 皆さんは何をすっているのでしょうか?

 吸いすぎは身体に良くないとは思います。

 マナーを守って吸いましょう。

 ケントオススメですよ!

 では!
タイトルとURLをコピーしました