聴くものに困ったときはこれを!2 天才ミュージシャン特集


好評だったので第2弾!

前回は王道ビートルズとやはりハードロックの王道KISSの

一番聴きやすいアルバムをご紹介致しました。

今回はかなり古い王道ミュージシャンをご紹介して参りたいと思います。




(ライターFT)

 聴くものに困ったときはこれを!2 天才ミュージシャン特集


 音楽なんて趣味なのですが、やはり聴くものが無いとき

 王道に限るんですね。

 やはりこれだけは外せないのはジミ・ヘンドリックスではないでしょうか?

 ジミは最近ではCMの挿入歌など未だに多く使われたり、いい曲が多いんです。

 全世界のミュージシャンに多大な影響を今でも与え続けている王道と言えます。

 2003年8月号のカバーストーリー「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」

 において第1位に選ばれている。

 とにかく天才ギタリストなんです。

 今年の3月には未発表アルバムも発売も決まり、没後数十年たっても彼の人気は衰えない。

 ジミ・ヘンドリックス、完全未発表スタジオ・アルバム奇跡のリリース

 特にオススメのアルバムはこれです。

 Experience Hendrix: The Best Of Jimi Hendrix


 ベストに限りますね。

 Jimi Hendrix Purple Haze



 The Jimi Hendrix Experience – Fire (with lyrics)


 この曲は数多くのミュージシャンやバンドでもカヴァーされていて

 レット・ホット・チリペッパーズもカヴァーしている。

 Fire (Jimi Hendrix Cover) – Red Hot Chili Peppers


 少しそれましたが

 Jimi Hendrix Experience – Crosstown Traffic


 The Jimi Hendrix Experience – Hey Joe


 どれも渋すぎますね。

 そして音色が何ともいいですね。

 

 Jimi Hendrix – Little Wing


 やはりジミはネ申ですね!

 やはりジミはネ申ですね!

 やはりジミはネ申ですね!




 そして王道といえばユーミン

 ちょっと突っ込みも頂きそうですが、ユーミンはいいですよ!

 車にアルバム忍ばせています。

 そして聴くのがなくなったら必ずユーミンなんです。

 SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集-
 季節柄、オススメのBestがあるではないですか!

 これ持ってないので買いにいきたいと思います。

 

 しかしユーミンって誰しもが思い出の曲を一つは持っているのではないでしょうか?

 私事で悪いのですが、高校の卒業式で

 「卒業写真」

 を歌いながら号泣した思い出があります(笑

 卒業写真  松任谷由実


 泣けますね。

 いい曲ですね。

 ベルベット・イースター – 松任谷由実


 この曲を聴くと冬って感じがします。

 季節感を出させたらさすがに王道ですね。

 秋の雨の日にピッタリでアンニュイな雰囲気ですね。

 ハルジョオン・ヒメジョオン 松任谷由実


 いいですね、やはり。

 コンサートには行ったことがないのですが、行ったことのある友人に聞いたら

 「死ぬまでには絶対1回は見とけ」

 と、ハードコア好きの友人に進められました。

 その友人、彼女に無理やり連れて行かれてファンになったようです。

 ランチタイムが終わる頃 松任谷由実


 これも秋冬のひとコマを切り取ったような情景が浮かぶいい曲ですね。

 丘の上の光_yuming


 やはりいいですね。

 彼女も天才ミュージシャンですね。

 今回は天才ミュージシャンにスポットをあてて王道をご紹介しました。

 聴くものに困ったときはジミとユーミン、聴いてみて下さいね。

 いいですよ!
タイトルとURLをコピーしました