薩長同盟 NHK大河ドラマ【龍馬伝】

 物語りも大きな山場を向かえています。

 そう。

 薩長同盟です。



(ライターFT)

 NHK大河ドラマ【龍馬伝】

薩長同盟



 物事がとんとん拍子に運ぶってのは見ている者にとっては面白くないものです。

 来るはずの西郷どん、待ち続ける桂さん。

 仲を取り持つ龍馬達。

 物事が簡単に運ぶなら歴史なんて面白くも何ともない。

http://www.yokamon.jp/shop/Y181/S1810061.asp
幕末ファン専用醤油 「薩長同盟」 坂本 龍馬

 薩長同盟は結ばれますが、龍馬伝を見ていると本当にこんな同盟が実現するのだろうか?

 なんて思ってしまいそうになりますね。

 つい最近まで殺し合いをしていた者同士、長州は草履の裏に

 薩賊と書いて草履を履いているほどの憎みよう。

 さらに西郷どんのすっぽかしもあり、学生の頃、歴史で学んだ薩長同盟なんて、

 ”薩摩藩と長州藩が同盟を結んだ。”

 こんな小さな記述しか教科書には書かれていなかったように思います。

 幕府の締め付けが厳しくなっていた長崎、兵糧米が欲しかった薩摩も米の調達に苦労していた。

 長州は前回放送でもあったように軍艦と武器が喉から手が出るほど欲しかった。幕府の長州攻めがすぐそこという時期に差し掛かっていたからというのは周知の事実。



 そこに目をつけた龍馬は亀山社中を使い、長州の為、薩摩の為、亀山社中の為、ナイスアイデアを提案する。

 薩摩名義で軍艦、武器弾薬を購入し、それを長州に流す案。

 亀山社中がこっそりと洋式銃7300挺を長州に運び、その帰りに長州から米を薩摩に運び込んだ。

 しかし西郷どんは幕府の長州征伐が始まるから長州も米がいるだろうと譲り受けた米を返そうとした。

 しかし一旦、収めたものを返してもらうのは武士のなんたらで長州も受け取らない。仕方ないので亀山社中がその米を引き受けることとなる。

 意地の張り合いですね。

 これだけしてもまだ薩長同盟は結ばれない。

 すっぽかした西郷どんのことを未だに怒っていた桂さん。

 結局、薩長同盟は締結されるのですけど、このくだり、実にイライラします。

 あまり全てここで書いてしまうと本編が面白くなくなりそうなのでこの辺りでやめておきますが、とにかくこの薩長同盟、簡単にはいかないのです。

 そして龍馬伝でもう一つ気になる人物がいます。

 お元さんです。

 キリシタンとされていますがドラマの脚色です。

 ただ、当時の長崎の芸妓には各藩が懇意にしている芸妓が必ずいたことは事実で、スパイまではどうかわかりませんが、様々な情報を流してたことは事実のようです。

 実際の龍馬との関係は以前も書きましたが龍馬の愛人としての認知度が高いようです。

 とにかく蒼井優演じる、お元さん、とてもいいですね。

 次回の放送に期待です。

 大河ドラマ 龍馬伝 第3部スタート
タイトルとURLをコピーしました