未解決事件!3億円強奪事件

 
 世の中の未解決事件にスポットをあて

 ご紹介してまいりたいと思います。

(ライターFT)

 未解決事件!


 悪いことをしてもつかまらない未解決事件はたくさんあるようです。

 今日はそんな時効を迎えた未解決事件をご紹介してまいりたいと思います。

 3億円強奪事件


 ウィキペディアより抜粋

 1968年(昭和43年)12月6日、日本信託銀行(後の三菱UFJ信託銀行)国分寺支店長宛に脅迫状が届く。翌7日午後5時までに指定の場所に300万円を女性行員に持ってこさせないと、支店長宅を爆破するというものであった。当日、警官約50名が指定の場所に張り込んだが、犯人は現れなかった。

 4日後、12月10日午前9時30分頃、日本信託銀行国分寺支店(現存せず)から東京芝浦電気(現・東芝)府中工場へ、工場従業員のボーナス約3億円(正確には2億9430万7500円)分が入ったジュラルミンのトランク3個を輸送中の現金輸送車(セドリック)が、府中刑務所裏の府中市栄町、学園通りと通称される通りに差し掛かった。

 そこへ警官に変装して擬装白バイ[1]に乗った犯人が、バイクを隠していたと思われるカバーを引っ掛けた状態のまま輸送車を追いかけ、輸送車の前を塞ぐようにして停車した。現金輸送車の運転手が窓を開け「どうしたのか」と聞くと、「貴方の銀行の巣鴨支店長宅が爆破され、この輸送車にもダイナマイトが仕掛けられているという連絡があったので調べさせてくれ」と言って銀行員を輸送車から降ろさせた。

 4日前に支店長宅を爆破する旨の脅迫状が送り付けられていた事実があり、その場の雰囲気に銀行員たちは呑まれていた。犯人は、輸送車の車体下に潜り込み爆弾を捜すふりをして、隠し持っていた発煙筒に点火。「爆発するぞ! 早く逃げろ!」と銀行員を避難させた直後に輸送車を運転し、白バイをその場に残したまま逃走した。この時銀行員は、警察官(犯人)が爆弾を遠ざけるために輸送車を運転したと勘違いし、「勇敢な人だ」と思ったという。しかし、バイクに詳しい銀行員が残された白バイが偽物と判断できたことから偽警察官による現金強奪事件が早くも判明した。

 9時50分に伊豆・小笠原を除く東京都全域に緊急配備が敷かれた。奇しくも、この日は毎年恒例の歳末特別警戒の初日であった。警察は要所要所で検問を実施したが、当初は車の乗換えを想定していなかった事もあり、当日中に犯人を捕まえることができなかった。

 被害金額約3億円(2億9430万7500円)は現金強奪事件としては当時の最高金額であった[2]。その後の現金強奪事件では金額こそ三億円事件よりも強奪金額が多い事件があるが[3]、1968年当時の3億円は現在の貨幣価値に直すと約20~30億円にあたり、貨幣価値においては現金強奪事件としては最高クラスである。捜査には7年間で9億円が投じられた。


 1975年(昭和50年)12月10日、公訴時効が成立(時効期間7年)。1988年(昭和63年)12月10日、民事時効成立(時効期間20年)。日本犯罪史に名前を残す未解決事件となった。


 あまりにも有名な事件。

 この事件の驚くべく3億円という金額ですが今の価格に直すと30億円近い金額と言われています。

 事件概要を見るとまるで映画かドラマのような事件。

 この事件をモチーフにした映画やドラマも実際に制作されている。


3億円事件40年目の真実 x1
 
 

 下の映画予告はこの事件をモチーフにした映画になります。

 映画『ロストクライム -閃光-』予告編


 ドラマでは沢田研二主演で今まで一度も再放送されたことがないドラマも存在する。

 「悪魔のようなあいつ」という作品になります。

 原作は昭和のヒットメーカー阿久悠が手がけた作品。

 しかも「ヤングレディ」誌にて漫画作品が連載され、その後TVドラマ化された秀作になります。
 
 悪魔のようなあいつ 第1回より
 

 いまだに謎の多いこの事件、裏には色々とあるようです。

 明日は切り裂きジャックをお届け致します。
タイトルとURLをコピーしました