カラスの生態と対策色々!

 なぜ今カラスなのか!

 実はうちのマンションの周りに

 おびただしい数のカラスがいたんです。

 うちのベランダにも数匹とまっており

 ベランダに置いてあったゴミを狙っておりました。

 


(ライターFT)

 カラスの生態と対策色々!


 吹田に住んでいる知り合いのおじさんの話ですが、以前、庭で家庭菜園などしていたらしく、そこにカラスが作った作物を荒らしたようで、その現場を目撃した知り合いのおじさんはほうきでカラスを撃退したそうです。

 翌日、朝起きて畑を見るとなんとゴミだらけ・・・

 何故だか分からなかった知り合いのおじさん、翌日もゴミを掃除して片付けたにも関わらずまたゴミだらけ。

 自分の家庭菜園だけでなく、近所までゴミだらけに・・・

 いったい誰がこんな悪さをしたのか考えていたところ、1羽のカラスがゴミを咥え、家庭菜園にポトリと落とした瞬間を目撃したそうです。

 それからは近所で

 「あんたがカラスを撃退するからここらへんゴミだらけにされたんやで」

 なんて始末になったそうです。

 とにかく頭のいいカラス。

 うちの近所ではおばさん達が

 「なんでこんなにカラスが多いのやろ?

  何かの前触れ?」

 なんて不吉な噂を広げだしてしまっていた。

 カラス研究所というサイトでは驚くべき動画が掲載されていた!

 鳥類で最も進化しているとされているカラス。



 そのうち笑い飯の漫才のように鳥人(トリジン)のような進化を遂げる可能性もあるかも知れない(ナイナイ)

 驚くべきは ”貯食“ という習性がカラスにはあるようです。

 たくさんの食べ物を一度に食べてしまわないでどこかに隠して少しずつ食べる習性があるとか。

 隠す場所は数十箇所もあり、その場所を忘れることはないようです。

 誰かに隠し場所を見られてしまったら隠し場所を変えたりもするみたいです。

 こうした事実を踏まえた上で、知り合いのおじさんの話もあながち嘘とは言い切れないです。

 おじさんの話を最初に聞いたときは大笑いして

 「そんなアホな」

 なんて笑っていましたが、こうした研究データを見るとかなり頭のいい鳥というのが分かります。

 道路にくるみを置き、車がそのくるみを轢いて割れたらすかさず食べるという行動も実際に報告されています。

 下の動画は車に轢かせたくるみを食べる動画ではありませんが、ご覧下さい。

木の実を割るハシボソガラス(Carrion Crow)


 自分でもくるみを割ることが出来るんですね。

 でもやはり思った通り時間がかかるようです。

 車に轢かせた方がはやく食べることが出来るという状況判断が出来ていると

 言えるのではないでしょうか?

 ロシアでは酒を飲み、千鳥足になっているカラスも!

 餌より酒を欲しがるカラス(KARASU) by ロシア
 

 ニューカレドニアのカラスはなんと道具を作ることが出来るようです。

 まさに鳥人(トリジン)になる日も近いかも(笑

 【カラスが不吉な訳】



 一般的にカラスは不吉な鳥とされています。

 紀州熊野地方(和歌山県)では神聖な鳥とされていたりその土地によっても違います。

 何故、不吉な鳥とされたのかはある調べによりますと

 死体の周りにいる鳥というのが有力な理由のようです。



 現代と違い、昔は土葬や風葬が主でした。

 特に風葬の場合、必ずカラスが大量に死体の周りにいて、死体をついばむ姿が

 目撃されていたようです。

 ちょっと想像しても怖いですね。

 

 日本書紀のイザナミノミコトの死体の周りにもカラスがいたとされています。

 戦時中も兵隊の屍の周りには必ずカラスがいて、死体をついばんでいたとされています。

 その様子を見た人は、やはり不吉な前兆と捕らえても不思議ではありませんね。

  カラスには未来を予知する能力も不吉な前兆として捉えられていたようです。

 一般的に言われているのは地震の予知、人の死、などです。

 科学的な根拠はありませんが、地震の場合、地殻変動により地上に電磁波が発生して
カラスが地震を予知するという説、人間の死の予知はカラスは自然界では掃除屋としての役割が
あり、死にかけている動物やを敏感に察知し、弱った動物や人間の後を追い、死んだら食べる
という説になります。

 不吉というのは人間が勝手に想像したもので本当は頭の良い動物なんですね。

 頭の良いカラス、うちの近所に多いのは誰かが死ぬから?

 うちのマンションの屋根に多くとまってるのはもしかして

 私の死も近い?

 ナンツッテ(笑

 ではまた!
タイトルとURLをコピーしました