大河ドラマ【龍馬伝】ついに登場!お龍さんと龍馬を取り巻く女たち

 第22回放送ではついに龍馬の伴侶であるお龍さんが登場しました!

 お龍を演じる真木よう子、美しいですね。




(ライターFT)

 NHK大河ドラマ【龍馬伝】

ついに登場!お龍さんと龍馬を取り巻く女たち



楢崎龍 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとお龍を過去に演じた女優は大物ばかり。

映画
吉永小百合:『幕末』(1970年、東宝)
原田美枝子:『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』(1986年)
高橋惠子:『ゴルフ夜明け前』(1987年)
久仁亮子:『竜馬を斬った男』(1987年)
鈴木京香:『竜馬の妻とその夫と愛人』(2002年)
テレビドラマ
浅丘ルリ子:『竜馬がゆく』(1968年、NHK大河ドラマ)
川口晶:『勝海舟』(1974年、NHK大河ドラマ)
島本須美:『花神』(1977年、NHK大河ドラマ)
岸惠子:『葉蔭の露』(1979年、朝日放送)
大谷直子:『竜馬がゆく』(1982年、テレビ東京)
夏目雅子:『幕末青春グラフィティ 坂本竜馬』(1982年、日本テレビ)
浅野ゆう子:『影の軍団・幕末編』(1985年、フジテレビ)
名取裕子:『坂本龍馬』(1989年、TBS大型時代劇スペシャル)
洞口依子:『翔ぶが如く』(1990年、NHK大河ドラマ)
沢口靖子:『竜馬がゆく』(1997年、TBS大型時代劇スペシャル)
内山理名:『竜馬がゆく』(2004年、テレビ東京新春ワイド時代劇)
麻生久美子:『新選組!』(2004年、NHK大河ドラマ)
市川実日子:『篤姫』(2008年、NHK大河ドラマ)
真木よう子:『龍馬伝』(2010年、NHK大河ドラマ)
『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 第22回の放送でも少しお龍の性格的なシーンが垣間見れましたが、実際のお龍の評価は結構厳しい評価が多い。

 まずは有名な竜馬とお龍のエピソードから。

 これから龍馬伝でも随所に出てくる京都の宿、寺田屋でのエピソードは龍馬を思うお龍の行動はあまりにも有名。

 寺田屋に泊まっていた龍馬は慶応元年一月、幕吏に取り囲まれてしまう。その際風呂に入っていたお龍は表が騒がしいのにいち早く気付き、2階にいた龍馬らに裸のまま知らせ、難を逃れることが出来たというエピソード。

 とにかく今後の龍馬伝でお龍がどういった役割を果たすのかがおもしろい。

 ある説によると龍馬がお龍に惹かれた要因というのが龍馬の姉である乙女に似た性格だったとも言われている。肝がすわっていて、芸が達者で音楽好きでしたが、炊事や裁縫はまるっきりだめ、乙女姉さんもそんなところがあったそうです。

 初恋の相手とされている平井加尾、千葉道場の千葉佐那、そしてお龍、さらに長崎で龍馬が亀山社中を設立した際、長崎の芸妓お元という女性が現れる。

 龍馬伝では蒼井 優が演じる。



 このお元、単刀直入に言いますと龍馬の愛人とされています。



 当時は愛人を作ることは別に大した悪ではなかったんです。歴史上の有名人物で愛人を作らなかった人の方が珍しい時代だったのではないでしょうか?

 芸妓という職業も実は歴史の裏舞台では重要な役割を担ったのも事実なんです。

 当時の料亭や遊郭は藩士たちの情報交換の場でもあったため、芸妓はしばしば工作員(スパイ)としても侍達に利用されていたようです。


 どの記述を読んでも書かれていることは大体同じでお元さんの印象は、美人で男性から人気が高く、琴や三味線、踊りがうまかったという記述が多い。

 龍馬と土佐藩上士である後藤象二郎が和解した席にもお元さんは同席していたという記録がある。

 後藤象二郎が土佐勤皇党メンバーを拷問し、武市半平太を切腹まで導いた張本人ではあるのだけれど、後に後藤象二郎は龍馬をかなり助ける存在となる事も事実。

 ある説では龍馬の手柄を横取りしたのは後藤象二郎と言われているが、当時の土佐の差別的な現状を考えるとそうせざるを得なかったのかも知れない。

 こうした背景からお元さんの重要性はかなりのものではないでしょうか?

 蒼井優が演じるお元さんも気になりますね。

 今日は龍馬との色恋で関連する女性をピックアップしましたが、他にも寺田屋のお登勢さんや長崎の豪商で龍馬のパトロン的存在の長崎の豪商 大浦慶という女性もいた。

晩年の大浦慶

 
 それほど魅力的な人物だった龍馬、今後の龍馬伝がやはり楽しみでなりません。

 ではまた!
タイトルとURLをコピーしました