100年民家れすとらん 黒釜 番外編


 今回も特派員はひら先生です。
やはりこのお店もB級グルメとは言い難い価格ですが、紹介せずには居られないほどの美味しいレストランです。

  (レポートひら先生)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 100年民家れすとらん 黒釜 番外編

このお店湖南市にある『徳志満』という精肉店のプロデュース♪

お肉はもちろん絶品♪

お店はその名の通り古民家を移築した物です♪
雰囲気のある店構えに気後れしながら、お店に入っていくと、
店の名の由来になっている『釜』がお出迎え♪



見事な古民家の門構え!




この釜、何と言う釜なんでしょうか?

さて、肝心の料理に早速いってみたいと思います。


前菜は
ウニのロワイヤルと




ウニのロワイヤルは洋風茶碗蒸しと行った風情ですが、
コンソメが利いてて美味♪






ホタテとブロッコリのトマトピューレ添え

本日2杯目のビシソワーズはお昼のよりサッパリしていて
和風レストランならではと云った趣。




ビシソワーズ
本日2杯目のビシソワーズはお昼のよりサッパリしていて
和風レストランならではと云った趣。


暑い季節のビシソワーズ、とってもいいですね。



ここで、トラブル発生!
同行スタッフに3名もトマトが苦手な物がいて、
ほとんど箸をつけずご返品。。。

すかさずマネージャーらしきおじさんが飛んで来て
『何か不都合ありましたでしょうか???』

『すみません、トマト嫌いがそろってしまって、、、』

素早い応対にちょっと感動♪


いいですね~、こう言った心配り、とても嬉しいですね。




続いては、牛トロ握り

之が程よい脂加減がホントもう絶品中の絶品!

『良いお肉』=『脂ののった』というのは時と場合によりけり。
というのを実感いたしました♪

しかし、牛肉には山葵が合いますね♪





続きまして
『オマール海老とホタテのワイン蒸しアメリケーヌソース』♪

皆もホタテもひたすら柔かく美味

ちなみにうちのスタッフは『オマール海老』と『ムール貝』の
違いが判りませんでした...

※オマール海老
フランス語”Homard”に由来する「オマール」(オマールエビ)、イセエビ類を指す英語”Spiny lobster”(スパイニーロブスター:棘だらけのロブスターの意)から差別化した「オマールロブスター」、和名「ウミザリガニ」などの呼称も使われる。


※ムール貝
ヨーロッパでは古くから食用とされ、日本でも20世紀後半から洋食の食材とされるようになった。食用にする場合は近似種とともにムール貝(仏:moule)と呼ばれるのが一般的である。地方によっては、シュウリ貝、ニタリ貝とも呼ばれる






ここで、お口直しの柚子のシャーベット

牛トロ握り/オマール海老で少しムツコクなった口の中を
一掃してくれます♪
このシャーベット、食感がシャーベットのくせに
柔らかく美味でした♪




いよいよ、メーンイベンターの
『近江牛ステーキ、フォアグラ添え

本日は『イチボ』♪
おしり近くの希少部位ですが、サーロインほど脂っこくなく
非常に美味!
めちゃめちゃ柔らかかったっす♪

ステーキにはサラダとご飯がついてきます。
ご飯はもちろん黒釜で炊き上げた『釜戸ご飯』♪
お米のアルデンテとうぐらい絶品の炊き上げでした♪




デザートはバナナケーキとパイナップル、マンゴーのムース

これにコーヒー/紅茶がつきます♪

あ~旨かった...

今回は少々値の張るコース(7,500円程度/人)でしたが、
5,000円~コースはあります♪


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さすがにこれだけのコース料理、美味しくないはずがありません。
しかしひら先生、そんじょそこらの美味しさではB級グルメ道に記事掲載してくれません。

ひら先生が認めた美味しさ!

これは本物の美味しさですね!



http://www.mag2.com/m/0000215164.html

8/1にメルマガ配信致します。
メルマガにお店の詳しい詳細をお知らせしておりますので購読お願い致します。もちろん無料です。


タイトルとURLをコピーしました