歯磨き粉って要るの?

皆様、お久しぶりです。

はたちゃんです。

バタバタしていまして、最近、書けてませんでした。

今週からまた頑張って書かせて頂きたいと思います。


さて、今週の話題は「歯磨き粉について」です。

皆さんも、歯医者さんで、

「歯磨き粉は使った方がいい」とか

「使わない方がいい」とか聞いた事があるかと思います。



実際、僕らが大学時代教わったのは、

「歯磨き粉は要らない」という事でした。

歯磨き粉を付けずに、きちんと15分ぐらいかけて磨く様に、

患者さんに指導しなさい、ということでした。

(残っている歯の数等で差はあるとは思いますが・・・)

要らない理由は、

「ミントが入って爽快感が出て、磨けてないのに磨いた気になる」

「唾液が溜まって、長い時間磨けない」

「歯磨き粉が、汚れを取る邪魔をする」

等でした。


ですが、こんなデータをみつけました。

ある先生が子供の患者さん37人を対象に、

「歯磨き粉を使用した子」と

「歯磨き粉を使用しなかった子」に分け、

歯科衛生士(歯磨きのプロ)が歯磨きを行い、

歯磨き回数10回、20回、30回においての、

デンタルプラーク(歯垢)の除去効果の比較を行いました。

結果は、下のグラフです。





結論から言うと、

歯磨き粉を使用した方が、

デンタルプラークの除去率は高い事が分かりました。

歯磨き粉なしでは、30回磨いたプラーク除去率が、

歯磨き粉使用では、20回の歯磨きと同じ除去率になっています。


つまり、効率的かつ効果的なプラーク除去を行うには、

歯磨き粉を適切にしようする事が重要と言えます。


最近、歯磨き粉の宣伝をみると、

「むし歯予防に・・・」

「歯周病予防に・・・」

など、色んな有効成分が配合されています。


もし歯磨き粉を使われるのであれば、

皆様のお口の状態に合わせて、

また目的に合わせて、

歯磨き粉を選ばれると、より有効ではないでしょうか!


でも、一番大事なのは、

プラークをきちんと取る事が大事なので、

それは忘れないでお願い致します。

今週はこんな所で失礼します。


タイトルとURLをコピーしました