うがい薬について考えてみました。。。

みなさん、こんいちわ♪
ひらおやじでございます。

先週チビの運動会があり、父兄参加行事に出た訳でもないのに
今週は筋肉痛に悩まされました、、、
体の衰えを痛感しています。。。

さて、今回のテーマは『うがい薬』
前回ゆっこさまよりご質問いただきましたので
少し考えてみました。(ライター:ひらおやじ)


確かに、うがい薬は歯周病は改善の一助にはなります。
うがい薬でうがいすることにより、口腔内の細菌数は減少し
また、うがいによる水や泡の流れが、歯周炎を起こした腫れた歯肉を
マッサージすることによって腫れが引きやすくなることがあります。

なので、一般的には疲れや消耗性疾患などで体の抵抗力が落ち
その所為であちこちの歯茎が腫れている場合には
イソジン等のうがい薬を処方いたします。

保険適用のうがい薬はいずれも殺菌力を持ち
口腔内の最近数の減少効果が期待されます。

しかしながら、うがい薬だけでは歯周病のある程度の改善は期待できますが、
完全治癒までは期待できません。。。
なぜなら、うがい薬は、歯周病の原因である
歯と歯茎の境目の歯周ポケットの底にいる細菌叢にまで届かないのです。

なので、私は視聴していないので不確実な情報で申し訳ないのですが、
ゆっこ様からご指摘のありました次亜塩素酸を希釈した液体で
10秒うがいすることで歯周病が完治するというのは眉唾物なのです。

しかも、この次亜塩素酸はプールの消毒剤やキッチンハイターなどの
除菌漂白剤の主成分です。
このようなキツい成分の薬剤を口の中に入れてしまうと
口の中の善玉菌までがやられてしまうのではないでしょうか???

歯周病は生活習慣病なので簡単に治癒させることはできません!
丁寧なブラッシングが実は一番の近道です。
タイトルとURLをコピーしました