撮る人

先日は娘の小学校の運動会でした。一年生なので学校の運動会は初体験。
そして予想通りの父兄の行動に一喜一憂。
(ライター:ファミレス)


運動会といえば、
我が子をばっちり記録するためカメラを構える親たちのいい場所争奪戦!
というようなイメージがありましたが、

ゆうても大人ですから、
血で血を洗う争奪戦が繰り広げられるわけでもなく
静かなる牽制!辺りを覆う殺気!非情ななわばり争い!

というわけでもなく。

児童の少ない小学校なので親同士も結構顔見知りで
場内歩いてたら普通に「こんにちはー」てなもんなので、
おだやかにわきあいあいと、いい場所を教えあったり情報交換が盛んです。
「大阪人は身内には優しい」という特長でしょうか??

ともあれ、場内は撮る人でいっぱい。

イッパイ

若いお母さんも
カメラに夢中

昔はカメラ小僧(たぶん)

後ろから余裕で狙う望遠レンズ

あたかも日本野鳥の会

グラウンド正面になる本部裏はごったがえす

最前列で立つ者。後ろの人はちょっとイラついてる

先にも述べましたが、
子どもの少ない小学校なので
そないにホームドラマによくあるような状況でもないのですが、
競技が始まると少しはそんな状況に。


そんな中にも、こんな心温まる風景も。
お姉ちゃんの応援に、自作の旗を持つ妹。かわいい!


だがしかし、親たちは

撮る

撮る

だって可愛いんだもん!我が子は!

かくゆう我が家も同じく撮る人!
うちのかみさんも、借りてきたビデオカメラで、必死に撮る!

へっぴり腰でも!

そして俺は、

『撮る人』を「撮る人」に!

なにをやってたんだ俺は!!!


おしまい。
タイトルとURLをコピーしました