歯科相談 なんで。なんでなんで! episode38 あま~い誘惑

 どうも~、3週間のご無沙汰です、川やんでございます!
いやいや、暑くなってまいりました!
高校野球も始まりましたし、ようやく夏本番といったところですが、何やら芸能界が騒がしいですね・・・・。
さて今回は、そんなあま~い誘惑についてのお話、と言っても決して非合法なことではありませんよ!

質問です!
砂糖の入った甘いおやつ、初めて食べたのはいつですか?
実はこの甘いおやつ、お子さんには3歳を過ぎるまで与えないほうが良いんです。というのも、「三つ子の魂百まで」というように子供の記憶に「甘い」という美味しさが強烈に焼きつけられるからです。
味覚体験の少ない子供は、その甘さの虜になり「もっともっと」と欲しがるようになります、甘いものを食べる機会が多ければ、虫歯になる機会も増えるのでお母さん!注意が必要ですよ!
一旦「甘さ」を覚えてしまうと我慢は至難の技ですからね・・・。

人はお母さんのおっぱいから始まり、少しずつ様々な味を覚えていきます。
3歳を過ぎ、ある程度の食体験を経て味覚が安定してくれば「甘味」に対してもそこまで強烈な欲求には至りません。
こういった食習慣をつけてあげること、それも一つの虫歯予防であり、健康な歯を守ってあげる有効な方法だと思いますよ。

今回はこんなところです、最近扇風機と仲良しの川やんでした!



タイトルとURLをコピーしました