歯科相談 なんで・なんでなんで! episode37

 どうも~、川やんでございます。最近すっかり蒸し暑くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

 さて今回は不思議な痛みのお話です。
歯が痛くなる時、必ず原因がありますよね、虫歯、歯槽膿漏、知覚過敏・・・でも若い方で見たところ何もない、突然神経に触るような強い痛みが出たら・・・、たとえば下の写真の真ん中の歯、ちょっと触っても痛くなります
何でしょう?






 レントゲンを見てみます。





 実はこれ、上の写真を良く見てみると、真ん中の歯の咬む面の真ん中に小さな穴が開いています、これは中心結節という、咬む面の真ん中にできた小さな出っ張りが、何かのきっかけで折れてしまった跡なんです。
この出っ張り、すぐ下まで神経がきていることが多いので折れた後痛くなるんですよね~。
しかもこれは病気ではありません、生まれつきこういった歯をもっていらっしゃるので、いうなれば個性のようなもの、日ごろの行いが悪くて痛みが出たわけではありませんからご心配なく。
残念ながらこうなると、歯の神経をとらないといけないのですが、そのままにしておいても治りませんので、必ず歯医者さんに行ってくださいね。

 今回はこんなところです、最近ビールがとまらない!
川やんでした。




タイトルとURLをコピーしました