意外に登らない京都タワーに上ってみました!

関西に住んでいても中々足を踏み入れない場所や、知っていても行った事がなかったり、Deepな人の溜まる場所であったりと様々なDeepな関西を紹介するDeep関西!

さて今週は京都レポートをお届けして参りたいと思います。



(ライターFT)

 『京都タワーに上ってみました!』


大阪なら通天閣、神戸なら神戸タワー、

そして京都なら京都タワー!

展望塔。京阪電気鉄道のグループ会社である京都タワー株式会社が運営している。台座となっている京都タワービルの高さを加えた全体の高さは131m。1964年12月28日開業。設計は、建築家山田守。構造設計は京都大学工学部建築学教室による。タワーの独特な姿は、京都市内の町家の瓦葺きを波に見立て、海のない京都の街を照らす灯台をイメージしたもの。また、本来のイメージとは異なるが、近くに東本願寺があることから「お東さんのローソク」とも言われることがある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より抜粋




全体の高さは131m、通天閣は103m、神戸ポートタワーは108m

これは京都の勝利ですな!

通天閣が一番低いとは・・・

話は京都タワーに戻ります。

関西に住んでいて今回初めて京都タワーに登って参りました。
通天閣は小さい頃に登ったことがあります、神戸ポートタワーはまだ登ってません。友人数名に同じ事をきてみましたが、やはりこの3つのうち京都タワーは登ったことがないとの返事でした。

京都は電車で大阪から1時間圏内ということもあり、気軽に行ける街。

でも以外に京都タワーは大阪人は登らないというのが判明。

京都は観光地、見るところはかなりある。

わざわざ京都タワーに登らなくてもってな所でしょうか?

でも、今回京都タワーに登り、景色の美しさと京都は高いビルがないことなど、かなりオススメスポットと感じました。

そして入場料を払いエレベーターに乗ると

”おいでやす” と美しいおネイ様が!

エレベーターガールがちゃんとおりましたぞ!

何ともおしとやかな京美人でした。

エレベーター内部



まあ、景色は最高!

さすがに古都らしくすぐ下には改装中の東本願寺が見える。

そして円形のタワー内部には双眼鏡が設置されているのだけど、全て無料で見ることが出来る。これは良心的!




そして大文字の山肌も拝める!何となく縁起がいい?

京都の条例で高い建物は建てるのかなり難しいとかで高いビルがないのがGood!見晴らし最高!

円形の展望台ではガラス部分に名所の文字で案内されていて、双眼鏡を覗くと大きく見える。

こんな感じになります。




肉眼では小さい、けど見れる!





かなり小さいけど・・・




画像ではかなり分かり難い・・・

でも見えるぞ!




カメラのズーム最大で何とか!(良かった)




あまり画像を掲載しすぎると実際に行ったときに面白くないかも知れないので景色はこの辺で!

晴れた日なら絶対オススメ!

京都が一望出来る!

夜行けば夜景も美しいと思います。

そしてエレベーターガールが美しい!

そして京都タワー内ではこんなおもしろ鏡も設置されている。




展望台に飾られていた京都タワーの絵があるんだけど
(一番最初の画像参照)

この絵の中にこんなキャラクターが描かれていた!




ひこにゃん:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

やはり間違いなくひこにゃんが・・・

京都観光にきてたのか・・・

ひこにゃん・・・




そしてこのすっとぼけたキャラクターは

京都タワーのマスコットキャラ

たわわちゃん・・・・・

そしてたわわちゃん、東京タワーののっぽん君に恋してるらしい・・・

の、のっぽん君にたわわちゃん・・・

好きなタイプは「背の高い人」・・・

2007年2月のバレンタインデーにのっぽん君にチョコ渡してるらしい・・・

恐るべしマスコットキャラクター達・・・・・


でも、京都タワー、初めて登りましたが結構感動でした。

帰りは河原町の川ベリでうなぎ弁当とビールでも飲みながらまったりするのもいいかもですね。

やはり京都は面白い!

また今度京都レポートしたいと思います。




タイトルとURLをコピーしました