大学生の悩み


某知恵袋でこんな悩みがありました。 以下コピペ



スーパーで混んでいるレジに並ぶ時に5つくらいあるレジの中から

「ここだ!」

と決めて並んでは見たものの
後ろのレジに”後から並んだ人”の方が早かった・・
なんて経験何度もある方多いのではないでしょうか。

僕も大学生でよく買い物に行きますが、
それってちょっとしたことなんですけど・・
”かなりのストレス”になるんですよね。

でもどうしてもタイムセールの時とか混んでいるときに行かなくてはいけないというのもありますよね。

そこで僕が思いついた解決法があるんです。

それには「お金」も「手間」もいらないのでどこのスーパーでも
明日から実行できる方法です!

・会計をしたいお客さんはレジ周辺で縦一列に並ばせます。
・5つレジがあるなら空いたレジから店員が「次にお待ちのお客様」と呼びます!
・そしたら一列に並んでいる先頭のお客さんからどんどんその呼ばれたレジで会計をしてもらう。

たったこんだけです!

並びが一列だから場所をとるのでは?という指摘があるかもしれませんが、それは工夫次第です!例えば、蛇みたいにくるくる波上に一列に並ばせるとか・・ですね!
こんなスーパーがあったら「そんなストレス」は絶対たまりませんよね。だって確実に先着順にレジを打ってもらえるのですから。

みなさんはこんなスーパーがあったら行きたいと思いますか?



A・某スーパーでは自分でバーコードをかざしてコンピューターを相手に清算をするレジがあります。
そちらへ行かれたらよろしいのではないでしょうか?


Q回答ありがとうございます。
全てのレジがそうだといいのですが・・
今のところ・・僕の家の近くにはないですね。
待ち望みます。



A2 今日の読売新聞の読者投稿欄に全く同じ趣旨の投稿がありました。
ありかな~。
くらいには、思います。

Q2回答ありがとうございます。
すごい!
僕と同じ考えの人がいるなんて驚きです。
貴重な情報ありがとうございます。



A3私は行かないと思います。
トイレや銀行などならもちろんOKですが、スーパーでは、カートの場合も移動が大変だと思うのに、籠だけ持っている場合(私はこちらの方が多い)、移動も大変です。
レジの人が荷物を持って自分のレジに移動してくれるところもありますので、そういうようなお店なら良いけど、重いものを持って自分で移動なんてご免です。


Q3 回答ありがとうございます。
確かに重いのもつのは嫌ですね。
それも考慮に入れないとだめでしたね。
参考になりました!



A4 「フォーク並び」と呼ばれていますね。やはりスペースが問題のようです。アメリカなどでは主流とか。

Q4 回答ありがとうございます。
アメリカでは主流なのですね。行ってみたいです!




A5 (ベストアンサー1) スーパー以外でたまに見かけますね、その方式。

私はそこまで徹底しなくても良い派です。
だいたいレジに並ぶ前に、並んでいる客の商品量や
各レジの消化速度をある程度見てから並びますので、
ストレスが発生するほど待たされないのが実情です。

そういった判断能力に長ける人にとっては、
全員同じ条件で並ばされることに違和感を感じるかもしれません。
レジに並ぶという、たったそれだけの事でも僅かな工夫などで
スムーズに会計できると嬉しいものですよ。

レジの人の消化速度にも個人差があります。
固定時給で働いているのに、フル稼働でガンガン消化させるのは
無理があります。平均以上の消化速度に対して規定以上の
評価を与えるシステムがあれば、質問者様の方式が成り立つと思います。


Q5 回答ありがとうございます。
固定給で消費速度にバラつきがありますよね。
簡単ではないとわかりました。
参考になりました!



A6 (ベストアンサー)
レジ打ちの所要時間ですが、思ったより、短いこともあります。
かごいっぱいの人もいれば、商品わずかの人もいます。
そうすると、並んであいた所に移動する時間の方が無駄なこともありそうです。高齢の方など、空きましたよ、と、せっつかれて、とろとろと移動しそうです。

それよりも、セルフレジのある店に行きましたが、自分でレジをとおすのです。早くて簡単でしたよ。
手元にカメラあり、人も立ってるので、不正をする気にはなりません


Q6 回答ありがとうございます。
確かに、セルフレジ良かったです。
ストレスもあれなら感じませんね!



以上、大人の方が真剣に相談に乗っていますけど


つか、 お前勉強しろ。
タイトルとURLをコピーしました