よく噛んでメタボ対策

ここから!
====================================================================

 ヒトの健康はまずは食生活からです。

 食は全ての源です。

 生きて行くためには避けては通れない事ですね。

 食生活を快適にする為には ”歯“ の健康は重要な事。




 そして歯の事を相談するなら歯医者さんにお聞きするのが一番です。

 全ての健康の源、歯についてのご相談は歯科相談on webで!

             (ライターはた先生)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「満腹中枢を刺激しよう!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

皆様、こんにちは。

早いもので、3月になりました。

暖かいかなぁ~と、思っていたら、急に寒くなったり・・・

花粉が飛び出して、大変だったり・・・

お体には十分ご注意して下さい。


さて、噛む事は、歯並びにとって重要!

そして、いい顔を作るのに重要!

と、いうお話をして来ましたが、

よく噛む事は、肥満も防止出来るのです。

(先週のひらおやじ先生のお話にもありますが・・・)


脳に満腹中枢があるのは、ご存知かと思います。

食事をし始めて、7分以上噛む事で、満腹中枢は刺激を受け始めます。

そして、15分から30分噛む事で、満腹感を感じ始めます。

つまり、7分以内で食事を終わらせてしまうと、栄養面で満たされていても、

頭にはまだ空腹感が残り、

目が食べ物を欲してしまいます。


学生時代、男子学生はよく早弁をしたものです。

1時間目と2時間目の休憩時間にお弁当を食べてしまうのです。

量は十分なはずなのですが、急いで食べるので、またお昼休みには、

パンを買ったりして、また食事を摂ります。

これでは、カロリー過大になるのは当然ですね!

早食いの子供に肥満が多いのも、同じ理由からです。


はたちゃんの診療所では、食事を15分はかけて欲しいと、

お母さん方に説明しております。



しかし、ダラダラ食べるのではなく、

テンポよく噛んで頂く様にしています。



そう言っている僕自身が、早食いで、メタボなので、

まず自分自身で心がける様にします(笑)


皆様、楽しい食生活を!

今週はこんなところで・・・

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
 
=====================================================================

 皆様からお寄せ頂くご質問はコメント欄にご記入して下さい。

 面白いご質問や、重大な事態に繋がるご質問は日曜日にピックアップして、3人の先生方にお答えして頂きます。

 それ以外のご質問に関しましては、コメント欄を使用して回答させて頂きます。

 誹謗中傷、全く関係の無いご質問に関しましては基本的にスルーさせて頂きます。

 なお、先生方は医院で勤務しておりますので、手の空いた時間で回答されます。その為、回答する時間はすぐにとはいかない場合も御座いますので、ご了承下さい。

=====================================================================


タイトルとURLをコピーしました