仕入れた肴を美味しく頂いて参りました!酒のもりた

 ”酒のもりた“ 

先週に引き続き仕入れ後にお店での料理レポートとなります!

”酒のもりたHP“


(ライターFT)

 『仕入れた肴を美味しく頂いて参りました!』


鶴橋卸売市場で仕入れした魚介類!

一体どう調理されるのか!

鶴橋卸売市場で仕入れ後、早速お店に帰るとすでにそこは戦場!

女将さんをはじめ、慌しくお仕事されていました。




この日仕入れしたお魚達!




厨房では様々な調理が行われていました。

筋肉を煮込んでいたり、上の画像にある近海物の生マグロの調理、さらにはふぐをさばいているもりたオーナー、そうこうしているうちにお店のオープンの時間が!

続々とお客さんが入ってくる!

酒のもりたの開店時間は8時、8時には数名のお客さん。




厨房を動画撮影している間、気がつくと8時半を回っておりました。

何やら店内も騒がしくなってきたので覗いてみるとなんと満員!

詳しくは動画の最後をご覧頂くとよくわかりますが酒のもりたでは一番最初のピークが開店と同時にやってきます。

それにしてもなんと言う忙しさ!



季節のお野菜も!

でもオーナーはふぐをさばく時、親切に解説してくれながらさばいてくれました!

その模様も動画に収めて参りましたので見てくださいね。

職人の見事な手際でした!

この日頂いた料理はこんな感じでした。




酒のもりた特性おでん!

これが何とも旨い味付け!
薄すぎず濃すぎず筋肉は筋と思えないほどの柔らかさで大根もふんわりとした出汁の風味が絶妙なバランスでした。



ビールのおつまみNo1!

唐揚げ!



そしてこれは ”うなきも“

うなきも最高でした。

山椒が効いていて独特の苦味もそれほどきつくなく、何とも至福の瞬間でした!(実はうなぎは大好きなんです)




そして今回のメインディッシュのふぐのてっさ!

このふぐはショウサイフグと呼ばれるふぐで色々と調べてみるとふぐ刺しにするなら鮮度が命とのこと。

まさに今回、鶴橋卸売市場で新鮮なまま店に持ち帰り、ふぐ刺しにして頂きました。なんという贅沢!

酒のもりたに行くなら休日のお昼間がお勧めです。

午後3時になると立ち飲みスタイルから店内は椅子が出されゆっくり座ってお酒と料理が楽しめます。

土曜日のお昼に、いっぱい飲みながら新鮮な魚介類をつまむ、なんて贅沢なんでしょう!

もちろん酒のもりたでは¥2000もあればお腹いっぱいになります。
皆さん、新世界に飽きたら萩之茶屋本通商店街に足を伸ばしてみて下さい。

そして酒のもりたでかる~~く一杯やりませんか!

では最後に動画をお楽しみ下さい。



酒のもりたの詳しい場所はこちらをクリック!
タイトルとURLをコピーしました