【言奈地蔵】

関西方面から北陸地方に来る時に、鉛色の空に変わると言われることがあります。
鉛色の空の下、福井から私、サカヤンがお送りします。
鉛色通信、略して「鉛通(ナマツウ!)」

今週は福井のマニアックポイント
福井県を嶺北と嶺南に分ける地の木の芽峠という所があります
そこにひっそりとたたずむお地蔵様









説明看板からの抜粋ですが

このお地蔵様は弘法大師
であるという。
昔、大金を所持した旅人を乗せて、この峠を越えた馬子があった。
馬子はその旅人を殺して金を奪ったところ、
地蔵の面前であったことに気づき
「地蔵言うな」と独り言を言った。
すると地蔵は
「地蔵は言わぬがおのれ言うな」
と言い返された。
感極まって改心し善人に立ち返った。
その後
年を経て再びこの峠を越した時、年若い旅人と
道連れとなり、よもやま話をして地蔵の前に来た。
馬子は霊験あらたかな地蔵であることを告げると
旅人はそのいわれを問うた。
馬子は先年の悪事を語り、ありし次第を告げた。
この旅人こそ先年殺された旅人の息子で
親の敵を尋ね歩いていたのである。
息子は天にも昇る心地でしたが
このような山中で仇を討つよりは
共に敦賀まで出てから名乗りをあげてこれを
討ち取ったとのことである。

タイトルとURLをコピーしました