昭和のイケ面・半田健人

今日はあのタモリもびっくりするほどのマニアな半田健人を特集!ほとんどwikiからの引用ですけど。

             はじめはうさんくさい顔だなと思いましたが・・


半田 健人
生年月日: 1984年6月4日

出 身: 兵庫県

血液型: O型

身長177cm、体重53kg、B88・W65・H86

資 格: 毛筆五段 硬筆初段

趣 味: 楽器演奏、歌づくり、
60~70年代のレコードor音源収集、昭和探し

特 技: 絵画、うんちく

尊敬する音楽家(作詞家): なかにし礼

尊敬する音楽家(作曲家): 都倉俊一



健人(ケント)という名は、両親が好きだった『スーパーマン』のクラーク・ケントから付けられたという



                


2002年、『ごくせん』でテレビドラマデビュー。翌年の『仮面ライダー555』の主人公「乾巧」役で知名度を上げた。OVA『プレイヤーズ』で声優にも初挑戦、意欲的な活動を行っている。



                  


年齢の割に、昭和40年代、昭和50年代の流行や歌謡曲に造詣が深く、様々な雑誌で話題としてよく取り上げられている


2004年3月、『タモリ倶楽部』に初出演した際、筋金入りの高層ビルマニアぶりを披露し、タモリら出演者を圧倒、やくみつるは完璧に封殺された。

解説として出演していた日本建築センター建築技術研究所審議役の菅野忠を、半田は「神」と表現した。


半田のベストフェイバリットビルは京王プラザホテルである。半田は楳図かずおの『漂流教室』を読んでいた際、作品中に登場したビルに興味を惹かれた。当時まだ中学生の半田少年は、この作品当時の新宿の様子などを独自に調べて、そのビルのモデルは京王プラザホテルであることを突き止めた。そして中学3年生時の東京旅行にて、初めて京王プラザホテルを目の当たりにした。上述の『タモリ倶楽部』初出演時に、その時の感想を「センセーショナルでしたね」と一言で言い表している。




      これが京王プラザホテル




  霞ヶ関ビルもお気に入りらしい。


  西新宿のビルが好きだと言ってました


尊敬するボーカリストは尾崎紀世彦。
雑誌「団塊パンチ 5号」誌上にて対談が実現した際、半田は持参した全アルバムを傍らに置き、尾崎紀世彦自身さえも忘れていたアルバム収録曲をも引っ張り出してきて語った。その半田の尾崎フリークぶりは、尾崎に「俺より俺のことを知ってるんじゃない?」と言わしめた。




         その時の写真。


さらに「乗り鉄」で台車マニアである。2006年4月、『タモリ倶楽部』に鉄道企画で出演した際、鉄道ファンでもある半田は、電車が頭上を通った時「ボルスタレス台車が見えました!」と嬉々としてタモリに報告した。台車に関する知識は、鉄道マニアとしても有名な向谷実が「すごい。筋金入りだ」と唸るほどである。


そして、とにかくアンパンマンが好き。自室がグッズで溢れかえるぐらい好き。新作を発見したら即買してしまうという。
大小様々なサイズのアンパンマングッズを所有している半田は、それぞれのアンパンマンに独自の設定とネーミングをしている。たとえば目を閉じているアンパンマンは「寝てるさん」、抱き心地のよいアンパンマンは「ギュウしたい君」など。最近はミニサイズの薄型アンパンマンをポケットに入れ携帯しているが、そのアンパンマンはお腹が弱いという設定で「ゲリパン」とネーミングしている。なお腕時計の裏側にはアンパンマンシールを貼り付けている。
とにかくクマのぬいぐるみが好き。フリーマーケットで巨大なグルーミーのぬいぐるみを購入し、背負って持って帰るぐらい好き。



             


    まだ24歳・・・そのマニアっぷりがかなり気になります。
       今後どんどん活躍していただきたい。





 ちょっと昔の野口五郎風だね

タイトルとURLをコピーしました